スポンサーサイト ::: 2016.12.10 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




夏休みか?? ::: 2012.07.31 Tuesday
 

夜中が多いオリンピック中継、
仕事が休みなのをいいことに、かなり積極的に観ています。
重量挙げや柔道など、普段観ることのないスポーツも
ルールがわからないなりに面白かったりします。

それにしても、こんなにのんきに過ごしていていいのかしらん??
ワタシ、無職じゃなかったよね??
改めてシフトを確認してみたら10日間も休み!
ま、せっかくなのでのんきに過ごさせてもらおう・・・。


015.jpg 006.jpg

巷で流行り(本当か??)のマカロンポーチ。
なんとなく気になって作ってみました。
「直径3.5センチのポーチに何入れんのよ!?」とも思いますが
小銭やら薬、はたまた外した指輪、抜けた歯などいかが?? 笑。
刺繍バージョンも作ってみようかな。







ありがとう。『nano cafe』 ::: 2012.03.02 Friday
 

2月末をもって、『nano cafe』さんが閉店されましたね。

狸小路のはしっこに、ひっそりとあるその店は
昭和レトロな呑み屋さんに挟まれて
最初はちょっと場違いなようにも見えました。
お店の中には、自他共に認めるヒトミシリの店主さんと8席ほどの椅子。

そして、一番奥には、ちいさな棚がありました。
この棚で、2007年と2008年の12月に『棚個展』を開かせてもらいました。
それまで、webでしか公開した事がなかった作品を
はじめて手にとって見ていただく機会をもらいました。



足を運んでくださる方がいるのか、不安でいっぱいだったなぁ。
けれど、お店の外に並んでくださるほどの方々に来ていただいて
どれだけ嬉しかったことか・・・!

今年は久しぶりに、あの棚にお世話になろうとひそかに想っていたのです。
そんな時に閉店のお知らせが・・・。。


 
 残念でたまりませんが
 閉店前に訪ねることができてよかった。

 ナッツ抜きのフレンチトーストは
 食べられなかったけれど。

 居心地のよい
 ステキな場所でした。

 ありがとう。
 いつか、また、どこかで。

















刺し続ける日々。(だからコワイってば!) ::: 2011.12.14 Wednesday


Siesta Labo.さんのクリスマスギフト。
追加製作分の納品をようやく終えましたーーー。

ぼちぼちとお手もとに届いている方もいらっしゃるようですが、
まだの方はどうぞもう少しだけお待ちくださいね。
 
 

ひと仕事終えて肩の荷が下りた気分ではあるのですが
それと同時に
今までくすぶっていた『私的なモノを刺したい』という欲がフツフツと・・・!
自宅用やプレゼント用などを狂ったように刺し始めています。笑。

あと10日ほどしかないけれど、やっぱりクリスマスのモノを。
・・・間に合うのだろうか??










追加分も完売しました。アリガトウございました! ::: 2011.11.29 Tuesday


Siesta Labo.さんのクリスマスギフトをご購入いただいたみなさま、
本当にアリガトウございます。
ayaさんとスタッフのみなさんが発送手配をしてくださるので
到着までしばらくお待ちくださいね。

ところで、クロスステッチを始めてみたい・・・という方に
参考になりそうな本が明日発売されます。

 

 『クロスステッチの基礎BOOK』
           日本ヴォーグ社


 準備する道具や刺し方の基礎、もちろん図案も
 とてもわかりやすく説明されています。

 過去に『ステッチ イデー』に掲載された
 ワタシの作品も載せていただきました。

 興味ある方はゼヒ・・・!

 







追加販売は28日(月)21時〜です。 ::: 2011.11.27 Sunday


Siesta Labo.さんのクリスマスギフト。
ありがたいことに大変ご好評いただき、
数量は少ないのですが、追加販売をさせていただく事になりました。

オンラインショップでの販売再開は28日(月)21時からです。
詳細はどうぞ
コチラにてご確認ください。




秋にayaさんと伺ったkikikoko家で、制作の様子を撮らせてもらいました。

あの繊細でステキなオーナメントは
どんなふうに作られているのかというと、こんなふうに・・・。

リビングとキッチンの間にあるテーブルが、kikikokoさんの制作スペース。
濃く煮出したコーヒーで、小さなパーツ1つ1つを染め、成形していきます。

 
 

そこにいるだけで、ほんわりと温かな気持ちになれるkikikokoさんのおうち。
それは本当に、彼女の人柄そのもの。
ワタシからはどんなに搾り出してもにじみ出ない、癒しの雰囲気でありマス。笑。

そんな彼女の作品をぜひ手にとっていただけたらと思います。